Bkrv3dcbt8ambgt0fqst

チョークデコール講座

チョークアートをもっとアートしたい!オリジナリティを大切にするステップアップ講座

  コースに入会する

チョーク・デコール講座

今までと違う、ボードに描かない&消せる!もっと自由なチョークアート!

チョークアートを20年近く描いてきて思うのは、もっと手軽に色々な方法で使えたらというものでした。株式会社アーティチョークが提案する新しいチョークアートのスタイル ”チョーク・デコールTM”のチョークアート講座は「チョークアートをスタイリッシュに生活に取り入れて楽しもう!」がテーマです。


自分のアートを家に飾ろう!

チョークアートはまだアートとしての分野は、認知度が低いのではないかと思います。チョークアートがもっと趣味として受け入れられたら、水彩や油絵といったジャンルのひとつになり、その中で幅広く個性的な絵が生まれるのではないかと思います。

私はこれまで趣味をもったことがありませんでしたが、唯一続けて習ったものはヨガと書道でした。ヨガは毎日の日課となり、書道は仕事の一部(レタリング)となっています。いまは両方とも私にとって大切な一部となっています。

起業後は、もっぱらイラストレーターの使い方など実務的な「習い事」をしてきました。セミナーを受講したり、自己成長のための講座も沢山受けました。何かが足りないと、その不安を埋めるように「学ぶ」ことに貪欲でした。しかし、自分の中にあった不足感は、何かをこれ以上インプットすることではなく、アウトプットすることだと気が付きました。そう、自分の中にあるものを表現することです。

海外の映画を見ていると、家の中やオフィスにもアート作品が飾られています。絵を飾る習慣は日本では少ないですが、有名な絵や高価な絵ではなく、自分で描いた絵をインテリアとして飾ることは生活を豊かにしてくれます。



    チョークデコールで描く絵の見本(一部)



チョークアートが与えてくれたもの

私は描くことが仕事ですので、日常の中でチョークアートを描くことは当たり前の行為です。ですが、私にとってチョークアートが、昔から特別なものに思えるのは、きっと自分の想いを目に見えるものとして生み出す行為だからと、最近になって気が付きました。看板であれば、そのお店への想い。作品であれば感情や表現したい自分の頭の中にあるもの。それらをオイルパステルという素材を使って、目の前の黒板に表現してゆく行為だからなのだと思います。

すこし大げさにも思いますが、私とチョークアートの関係は、こんな感じです。良く考えると、このチョークアート(表現すること)は私にとって精神衛生上、非常に良い影響を与えていると分かったのです。自分の中にあるものを外へ表現する(アウトプットする)、チョークアートがその手段となっていたのです。チョークアートに限らず、ダンスや歌など、作り上げ表現する、そういった趣味をされている方はなんとなく分かってもらえるかもしれません。人によってアウトプットの手段は異なると思います。



まずは趣味からスタート!

プロとして独立したい、アートで収入を得たい、様々な動機があると思います。私がチョークアートを始めたのは、動機とは言い難いですが、とにかく描いているときのワクワク感でした。もちろん、その先にはこれで生計を立ててゆけるようになりたい、有名になりたいと思っていた自分もいますが、いくら人々がチョークアートに目をくれなくても、私は一人だってこんなに楽しいアートを、どんな形であろうと描き続けようといつもワクワクしていました。お金を得ることが先決で、有名になることが先行していたら、プレッシャーに押しつぶされて、今頃はチョークアートを描いていないかもしれません。

趣味も極めればプロになると思います。今の時代、個人での情報発信は自由ですし、どんなチャンスが転がっているか分かりません。プレッシャーを感じながら描くのではなく、自分を自由にして好きに楽しく描けるところから始めてほしいと思い作ったのが、今回のチョーク・デコールです。まずはあなたも、自分の身の回りを飾るチョークアート作品を作ることで、自分を楽しませ、周りにいる身近な人を喜ばせるところから始めてみませんか?

各モジュールで2枚制作、アートトライアルというビデオでは、今までのチョークアートにはない技法を紹介&提案します!




用途が広がるチョーク・デコール

チョーク・デコールは、ボードでは出来なかった様々なことが可能になりました。

・ 黒板シートに書くので好きなサイズにカット可能
・ 黒板シートの色のバリエーションが楽しめる(他のカラーは別購入)
・ 黒板シートをカットしスプレー糊で貼ることが出来る
・ 黒板シートに描いた絵をふき取って消すことができる(ラッカー前)



講座受講対象者

講座は18歳以上、パソコンやタブレットおよびプリンターを使用することができ、インターネット利用可能な環境にある方であれば、どなたでも受講いただけます。チョーク・デコールは、下記のような方に特におすすめの講座です。

・ 日々の生活の中で、自分を表現するルーティン(趣味)がほしい
・ 周りの人にプレゼントしたりできるような作品を自分で作りたい
・ 知り合いや勤め先のお店にチョークアートを描いてあげたい
・ 今までのチョークアートに行き詰まっている、新たな風がほしい
・ 絵を描いたことがないけれど、アートに憧れがあり一歩踏み出してみたい

※ プリンターは図案を転写したい人は必要です。自分で描く方は動画およびPDFが見れれば制作できます。スマートフォンでの視聴は画面が小さい場合、テロップの文字は読み辛くなりますのでご注意ください。


ご準備頂くもの

講座が始まる前に、皆さんにはお手元に準備頂きたい画材があります。文具店やネットで購入が可能な画材です。もし、揃えるのが大変であれば、弊社の画材ショップにアクセスいただければ準備ができます。

1.ぺんてるオイルパステルセット(49色)

2.消しゴム 

3.ネオカラーⅡ(カランダッシュ)白

4.ネオパステル(カランダッシュ)白 

5.グラファイトペーパー 

6.黒鉛筆&白鉛筆

フィキサチーフスプレー(ホルベイン) 

.チョークボードシートサイズ210mm×210mm)※

9.MDFボード(9mm厚 サイズ20センチ角)

10.ブラシクリーナー(油絵用・無臭タイプ)

→ 購入先が不明なものはお問合せ下さい。

・ダウンロードしたPDFを印刷する紙(テキスト&練習用紙)



講師紹介


栗田貴子
栗田貴子

みなさん、こんにちは!アーティチョークの栗田貴子です。
沖縄本島南部のアトリエで、看板やディスプレイのコマーシャルアート(商業アート)の制作と、個人的なアート活動をしています。絵は独学で学んできました。どちらかと言うと、昔から人に何かを教えてもらうより、自分で調べたり勉強することが好きです。なので、私の講座では一方的に教えて、同じことをしてくださいと言うことはありません。題材とヒントを与えますので、それを元にして、あなたなりに楽しんで下さいというスタンスです。

2003年~2012年までの10年間、横浜でチョークアートのスクールを運営していました。現在は制作中心の活動の為、直接教えることはしていませんが、海外の新しいアートをいち早く見つけて紹介することが楽しくて、(チョークアートもそうでした)オンライン講座を作っています。というのも、私自身も海外のオンライン講座を沢山受講していて、海外に行かなくても学べるオンラインという学びの場に助けられているからです。


絵を描いていると人に言うと、私には絵の才能がないから…人は言います。しかし、絵を描くことは才能とは別の面もあります。クリエイティブな感覚をもって生活を送ると、生活自体が楽しくなります。それは小さな幸せかもしれませんが、特に私は沖縄に移住して、仕事にだけ向けていたアート的感覚を自分の生活の中に意識的に取り込むことで、簡単に幸せを感じる方法を身に着けたように感じています。


もちろん、アートだけではありません。音楽やダンスに興味を持って"Quality of Life"※が豊かになる人もいるでしょう。私はたまたまアートが自分にとっての"Quality of Life"を豊かにする方法なのかもしれないと思ったのです。自分のケア方法が分かっていると、何かがおこっても落ち着きを取り戻せると思います。オンライン講座では、今後私のもう一つのケア方法であるヨガや瞑想などの要素も取り入れられたらと思っています。


英語の言い回わしに、あなたのカップを満たしてあげないと人には優しくできないというフレーズがあります。自分のカップを満たす方法を沢山持っていれば、人に優しくできる自分になりやすいのかなと思います。私は「絵を描くこと」を通じて静かに自分と向き合い、カップを少しずつ満たしてきたように思います。自己紹介として大変長くなりましたが、こんな想いでオンライン講座を作っています。上手い=素晴らしいではなく、できた作品はその時の自分を表した副産物であり、それを愛しいと思う気持ちで絵を楽しんでもらえたらと思います。


※ "Quality of Life" とは
人がどれだけ人間らしい生活や自分らしい生活を送り、人生に幸福を見出しているか、ということを尺度としてとらえる概念


【お知らせ&お願い】

本サイト製作&運営、およびテキスト・ビデオ撮影&編集は全て栗田貴子が行っております。一人で行うことで一貫した内容、および講座製作のスピード、内容の濃い講座をなるべく安くお届けできるよう努力しています。新講座に関して、誤字脱字など注意しておりますが、もし内容に誤りなどがある場合、メールにてお知らせ頂けると助かります。また、動画の中で見ずらい部分などがあるかもしれませんが、今後さらに撮影&編集の勉強を続けてクオリティを上げてゆきたいと考えておりますので、御見苦しい点などご理解、ご容赦頂けると助かります。


カリキュラム



よくある質問


画材は含まれていますか?予備のシートは購入できますか?
画材は含まれておりませんので、別途スターターセットをご購入頂くか、ご自身でご準備ください。(市販で購入できるものです)購入方法については講座内でお知らせします。予備の黒板シートは弊社ショップでも購入頂けます。
コースの開始日と終了日はいつですか?
講座は登録後、すぐに開始することができます。画材をお持ちでない方は、専用のウェブサイトから購入することができます。講座毎に受講期間が変わりますが、チョークデコール講座はモジュール6まであり、期間は受講開始から1年間です。
テキストは印刷可能ですか?
はい、PDFタイプなので印刷することができます。
今までのチョークアートと何が違うのですか?
私がチョークアートを教室で教えていたころから、皆さん見本と全く同じに描くことを目的として描いているように思いました。でも、全然違って良いんです。正解があるものではありませんので、ご自身の感覚をもっと表現してもらえるよう、繊細で写真のような写実的な絵ではなく、味のある絵を描くためのアドバイスをしながら進めてゆきます。繊細よりも大胆、丁寧よりも動きのある絵を目指して描きます。 具体的に違うところは、全く同じように描きましょうという講座ではないということと、描くものがボードではなくシートに変更になった点が大きいと思います。
パソコンがないのですが受講は難しいですか?
内容はオンラインとなりますが、スマートフォンやタブレットでも動画を見ることはできます。(画面サイズによってはテロップの文字は見辛い可能性もあります)教材見本およびトレース見本は画像ファイルですので、拡大してみることができます。この講座はトレース(図案の転写)をしなくても描くことができる内容ですので、パソコンおよびプリンターがなくても受講は頂けます。

さあ、はじめましょう!